迷文雑路

カテゴリ:本・小説( 6 )

最近読んだ本の感想とか

黒冷水
引き込まれて2日くらいで読んでしまった。
残酷な描写がたくさんあるというわけでもなく、それほど特殊な状況下というわけでもなく
登場人物もわずか、場所も家の中だけとかすごく狭い範囲なんだけど
読んでて背筋がぞくりときました。

まどろみ消去
まだ最後まで読んでないけど。「真夜中の悲鳴」という短編が面白かったです。
一応推理物なのに「これ謎解きの部分ないよなあ」なんて思っていて
最後の方の記述で「?」と少し首をかしげるような箇所がありました。
よくわかんないなあと思いつつ、次の短編を適当に読んでるうちにやっと閃きました(笑)

またしてもしてやられたという感じ。必要な情報はある程度記述されていたんだけど、
それと最後の記述の部分を連結して考えられなかったなあ。


身内の方への私信:残留決定 lol
[PR]
by sunevu2004 | 2005-06-15 20:55 | 本・小説

チーズ

チーズはどこへ消えた?

何年か前にベストセラーになった本。
読む機会があったんだけど、個人的には「うーんいまいち」な感じでした。
別に例え話や登場人物を出して長々というような話じゃない気が・・・。

この本に限ったことじゃないですが、最近「○○万部突破!」「大ブーム」だとか
テレビの放送やら本屋の広告やらが全然信じられません。
前者は発行部数の水増しなんてどこの出版社もザラですが、3~4倍もしてる所もあると聞くと
流石に「うええ・・」ってなってしまうし、後者は最近特にキナ臭いなあと、特にテレビとか。
「今話題の”電車男”!!」 絶対そこまで話題になってなかったと思うぞ(笑)
いや、ネットでただで読む分には面白かったけどさ。

願わくば「自分だけの良書」を探しに古本屋や図書館を巡ってみたい今日この頃。
[PR]
by sunevu2004 | 2005-04-12 22:32 | 本・小説

黒猫の三角

黒猫の三角やっと読み終わったー。

とりあえず感想は「ずるい」に一言に尽きる(笑)
トリックの方法だとか盲点だとかそういうことではなくて
叙述の仕方が「ずるい」。してやられたという感じ。でも面白かった。

同作者さんの書く、この小説にも出てきた共通の人物が出てくる他のも
ランダムで読んでるんだけど、そろそろ時系列揃えて読んだほうがいいのかな。
ランダムに読んじゃうと、途中で「ずるい」に気付きそうな感じ。
[PR]
by sunevu2004 | 2005-02-06 23:59 | 本・小説

感想まとめて

最近見た映画とか本とか漫画とかの感想を適当に。
久々なんで画像貼り付き。



CASSHERN






「CASSHERN」
ずっと見よう見ようと思っていて気づいたら1年くらい経っていた(笑)
「キャシャーンがやらねば誰がやる」とかいうキャッチフレーズがあったんで
敵をちぎっては投げ、ちぎっては投げ、という派手なアクションシーンを期待してたけど
押し出すテーマが原作とは違うのか頭に抱いていたイメージとかなりギャップが。

前半は話も分かりやすくて、アクションシーンも結構あって
(それこそ敵をちぎっては投げ敵をちぎっては投げを再現してた)
面白かったんだけど、後半に進むにつれて「?」と思う所が目立ってきて
最後の結末もやたらぼやけていたのがちょっと残念。
映像は終始一貫してきれいだったし、途中の伏線ばらしも良かったんだけどなあ。
前半がああだったんで、後半まであのノリとペースで行って欲しかった。


二人のガスコン〈上〉






「二人のガスコン」
フランス絶対王政時代に活躍した銃士「ダルタニャン」の
最盛期を少し過ぎた辺りのお話。
知ったかぶりしてるが「ダルタニャン」に関しては
「アニメ三銃士」くらいの知識しかない(笑)

ダルタニャンが自分と真逆の性格と信念を持つもう一人の銃士と組んで
任務を任せられるのだけど、とにかくこの二人の舌戦がすごい。
よくもまあこれだけ人の悪口べらべら流暢にしゃべれるもんだなと(笑)
上中下巻あってまだ最後の最後まで読んでない・・・。オチが楽しみ。



武装錬金 5 (5)






「武装錬金」
ジャンプで連載中の漫画。
30人に無限増殖する変態「ムーンフェイス」 対 戦士長ブラボー
白い蝶変態 対 黒い蝶変態など見所が満載。(この漫画の変態は褒め言葉です。多分)

個人的にはこの「ムーンフェイス」が大好きで、表紙やプロフィール公開とか
載ってるかなと思ったけど、それがなかったのがちょっと残念。
まあ再登場する引きありありだったんで、これ以降の巻や本誌での登場に期待。



電車男






「電車男」
本の他にここでも読めます。
出所が2chなんで話のやり取りや雰囲気がちょっと独特。
そういうのが不快にならない人は読んでみて結構面白いかと。

とにかく
「こういう飯屋に行け!」「こういう服を着てくといい」
「今が告白の時だ!」「いやそうじゃない」などなど住人の人達の
一丸となって電車男を導いていく姿が読んでいて楽しい(笑)

話が現実の話で、小説や映画のように必ずしもハッピーエンドになる保証がないから
自分も住人達と同じように一喜一憂しながら最後までドキマギして読めた。

感想おしまい。久しぶりにいっぱい書いた・・・。
[PR]
by sunevu2004 | 2004-11-13 00:16 | 本・小説

呪怨

「呪怨」「Shall we dance?」など邦画のリメイク版がハリウッドで出されるとのこと。
別にブームでも何でもなく単純にネタがないんでしょとツッコミ入れたいのは秘密。

で、呪怨の方。小説版だけ読みました。 うん、怖ぇ。
何が怖いって救いがないのが怖ぇ。人が死ぬ→人が死ぬ→人が死ぬの無限ループが
ずうっと同じ家の中でひたすら時間軸を超えて続くのが怖ぇ。

映画の方ではちゃんと完結するんだろうか。
あ、ちなみに映画版の方は見てません、怖いから。

小説版の方は表紙が青白い子どもの幽霊のアップになっています。
実家の押入れに入れてあるんだけど、入れてあると知っていても開ける度に絶叫
小説版の表紙も何気に怖いです。

ああ、あとハリウッドのリメイクで思い出したけど「ドラゴンボール」はどうなったの?
[PR]
by sunevu2004 | 2004-10-14 23:39 | 本・小説

中島らもさん死去

中島らもさんが亡くなったそうです。
実はこの人の本は一度も読んだことはないんだけど
BONNIE PINKの歌聞きたさにこの人の作品が原作の
lie lie lie」という映画を見たことがあります。

小説を読むジャンルが偏ってるせいもあってか、ストーリーがすごく新鮮に感じられて
面白かった印象があります。

これを機に原作の方も読んでみようかなあ・・・。
[PR]
by sunevu2004 | 2004-07-29 20:45 | 本・小説



ロックオン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
お気に入り
最新のトラックバック
わたしたちの教科書
from わたしたちの教科書
大塚寧々
from Good!な芸能ブログ集
芸能情報
from 芸能情報
ルービックキューブ 方法
from ルービックキューブ攻略法・解..
roulette bet..
from roulette betting
のだめカンタービレ
from http://10tyoug..
cd:「ペルソナ3」オリ..
from 映画・音楽大好き
夏だ!暑いぞ!快眠だ!
from 家庭生活の無敵化スキーム
ps2:メルティブラッド..
from なんでも情報局
今日のお昼はうな重
from ウディー家の日常
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧